• fb
  • tw
  • ig
  • yt

美幌町
観光まちづくり協議会

  • 〒092-0004
    美幌町仲町1丁目44番地
    経済センター2F
  • TEL:0152-73-5251
  • FAX:0152-73-5253

美幌町観光まちづくり協議会幹事佐久間 大樹(美幌町役場経済部商工観光グループ 観光担当主査)

観光振興革新戦略ビジョンに基づいた
アクションプランを策定し、進捗管理を
することで、やるべきことが見えてくる。
協議会を立ち上げて1年が経ち、見えて来た美幌町の観光振興というのはありますか。
佐久間:美幌町のいいものに付加価値をつけて情報発信するということができていないと思います。観光まちづくり協議会の重要な役割のひとつが、これまで個々の団体で取り組んできたものを取りまとめ、一か所に集約すること。しかし、現状では体験メニューが少ないため、その開発が重要です。
今、仮説として「生まれ変わる旅」ということで、美容や健康にフォーカスした取り組みを行なっていますが、それに対してどう思われますか。
佐久間:メインターゲットは女性になると思いますが、モニターツアーで参加者の意見を聞き、色々な発見がありました。協議会のメンバーは男性ばかりなので、女性に体験してもらう、体験メニューの開発にも関わってもらうなど、中心となり活動してもらうことが大切だと思っています。私たちが作って女性に意見を聞くより、女性に作ってもらった方が早いですし、良いものができると思います。
農協さんも協議会にいて、一次産品の活用による活性化の必要性も感じています。こちらに関して何かご意見いただきたいです。
佐久間:役場のみらい農業センターが中心となり修学旅行を受け入れています。農泊となるとハードルは高いですが、農業体験という形にすることで負担が軽いのではないかと思います。農協やみらい農業センターだけではなく美幌高校の協力を得られることが美幌の強みです。また、農家さんが対応できない時期でも林業があります。美幌は林業が盛んであり、せっかく林業組合にも参加してもらっているので、林業体験もありだと考えています。町では赤ちゃん記念植樹というのをやっており、1歳の記念に木を植えています。これを観光客に広げれば、子どもが大きくなったら、記念に植えた木の成長を見に来てくれるだろうと思います。農業体験を行っている地域は多いですが、林業体験はあまり聞いたことがありません。観光資源として林業は大きな可能性を秘めていると思います。
つまり、一次産業活用による活性化には団体へのマーケットに働きかけることができるという状況でしょうか。
佐久間:最初から個人を受け入れるのは難しいです。まずは団体で実績を作る方がスムーズだと思います。
去年は何校でありましたか。
佐久間:一校ではありましたが、二年連続で来てくれています。
これからの観光振興に関する意気込みをいただけますか。
佐久間:私たちは人事異動で担当が代わってしまいますが、町としては観光振興革新戦略ビジョンに沿って動くことになります。今まではざっくりとした計画で、絵に描いた餅となってしまう恐れがあるので、今年度、具体的な事業を盛り込んだアクションプランを策定しました。これを進捗管理していくことで、やるべきことが見えてきます。あとはアクションプランに載っているものを自ら行ったりサポートしたりすることで実現していきます。これがあることで、人事異動で部署が代わってもやるべきことを引き継いでいくことができます。
佐久間さんのしてきたことがPDCAのどこにあるのかが、それによって明確になりますね。
佐久間:どこが何をやるのかということを明確にすれば、それぞれが積極的に動くようになると思います。さらに、その情報を協議会の中で共有することができるという点も、大きなメリットではないでしょうか。
ページトップへ