• fb
  • tw
  • ig
  • yt

美幌町
観光まちづくり協議会

  • 〒092-0004
    美幌町仲町1丁目44番地
    経済センター2F
  • TEL:0152-73-5251
  • FAX:0152-73-5253

美幌町観光まちづくり協議会プロジェクトリーダー宮田 博行(美幌建設業協会 会長)

観光メインの街ではないので、
観光が経済活動につながることを理解し
皆で向かっていくことが必要です。
宮田さんはプロジェクトマネージャーという立場ですが、趣味はなんですか。
宮田:このプロジェクトに関わるようになりヨガを始めたので、今はヨガです。(笑)
美幌町はどんな町ですか。
宮田:住みやすい町です。国道がこんなに交差している場所はなかなかなく、車で色々な景勝地に行きやすいですし、近隣の大きな町にも行きやすいです。
美幌町の人柄はどうでしょうか。
宮田:受け入れてくれやすい人柄だと思います。昔々、美幌峠には汽車とバスで行くという観光が主流でした。昔から観光客の方が多く来ていましたので駅前は観光産業が盛んでしたから、地元の人と交流する機会も多く受け入れやすい人柄が多いのだと思います。
今は交通手段も変わったので、観光客がなかなか地元の人と交流する機会がありませんが、今でも寛容的であると思います。
協議会を今年設立し、観光振興に着手しましたが、宮田さんの役割はどういうところにあると思いますか。
宮田:まとめ役になることが、一番の役割だと思います。
異なる組織が一つになるには合意形成や調整が大切になりますね。
宮田:一番難しいところですし、自分が苦手な部分でもある役割になりそうです(笑)。
美容や健康にフォーカスを当て、ブランディングを図るところに可能性があるのではないかという方向で進んでいるが、何か考えていることはありますか。
宮田:昔から仕事の関係で、オホーツク地域のフォーラムなどの講師に大学の先生などを外から迎えた時、都会の人はオホーツクに来ると落ち着く、何も無いところがいいのですよ、と言っていたので、そういうところにニーズがあると思います。落ち着き、癒される場所でヨガなどの体験ができるようにするのがいいかなと思います。
観光振興のための課題としては何が挙げられますか。
宮田:観光メインの街ではないので、観光が経済活動につながることを理解していただき、その方向に皆で向かっていくことが必要です。大野くんがヨガスタジオを始めたのでどれだけ盛り上がるかが大切です。小さなことでもいいので、まずは実績を作っていきたい。視察先でも行政は腰が重たいが、民間が成果をあげれば行政も行動に移さざるを得ないと言っていました。
大野さんのように可能性に投資して実際に動いている人もいます。一方、農水省の事業ということもあり、観光に必要な要素として食があると思いますが、美幌町の飲食店に期待することはありますか。
宮田:この事業の前から町内の飲食店で何かできないか商工会議所で取り組みもしていたが、みんな一緒にやっていくということが余りうまくいきませんでした。様々な団体が協力しあえる体制が必要かと思います。今は、声かけして協力してもらえるところに手をあげてもらっているというのが現状。美幌にあるものを使って、特産品を作っていきたいですし、地元のお店で提供してもらえる仕組みを作りたいです。
一次産品は色々あるので美幌ならではのものを作り上げたいということですね。専門家の方たちが口を揃えて言っていたのが「美幌といえば肉の田村」でした。
宮田:もちろん鉄板で美味しいので、普段から何かしらでお店に足を運んだり、お客さんを連れて行ったりします。現状では、町外に出店した際の「都会用メニュー」はありますが、『美幌限定メニュー』というのはありません。ですので、逆に美幌限定メニューを作ってもらえれば、町民としてもPRしやすいですしもっと人が来てくれるのではないかと思います。
肉の田村といえばかなり知名度があります。先ほどの課題とかぶってしまうかもしれませんがが、こういった取り組みを地域住民に知ってもらうために何が必要だと思いますか。
宮田:シンポジウムもやるが、もっと裾野を広く伝えていきたいと思います。
確かにシンポジウムに来てくる人はすでに知っている人ですね。
宮田:町民や外から来る方へ向けてのイベントなどで伝えていきたいです。
これからの美幌町の観光振興に関する意気込みを教えてください。
宮田:協議会ができたので、美幌町の観光への取り組みや観光産業の波及効果など、観光に関して住民に知ってもらえたらと思います。
美幌での町内会など、地域のコミュニティは活動していますか。
宮田:美幌を含め地方都市では、人が減っています。自治会でもお花見をしたり交流活動はしているみたいですが、私のところの自治会も少なくなっていますね。でもお祭りなどはまだ自治会ごとにやっています。
そのくらいのコミュニティで発信していくと知る機会を満遍なく作れると思います。町内会が昔に比べて弱くなっているのは現代社会の課題です。
ページトップへ